NOZOMI

IIJIMA

​Kバレエ カンパニー入団予定

飯島望未(いいじま のぞみ)

6歳からバレエを始める。2007年15歳で単身渡米。ヒューストン・バレエ団の研修生となり、翌年16歳最年少で入団。19年3月、ヒューストン・バレエ団のプリンシパルに昇格。

主なレパートリーは『白鳥の湖』のオデット/オディール、『ロミオとジュリエット』のジュリエット、『マイヤーリング』のミッツィカスパー、『ジゼル』のタイトルロール、『シルビア』のタイトルロール、『くるみ割り人形』の雪の女王/クララ/金平糖の精、『眠れる森の美女』のリラの精/フロリナ王女、スタントンウェルチ振付『マダムバタフライ』のスズキ、『マリー』のマリーアントワネット、デヴィッドビントレー振付『アラジン』のプリンセス(ジャスミン)、ジョージバランシン振付『ジュエズ』のルビーのプリンシパルパート、『バロデラレジーナ』のプリンシパルパート、『バレエインペリアル』のソロパート、『フォーテンペラメント』の3rd theme Pdd、ジェロームロビンス振付『the cage(檻)』のNovice, その他多くのケネスマクミラン、ウィリアムフォーサイス、イリキリアンやスタントンウェルチ作品などで主要パートを踊る。また、様々なコンテンポラリー作品にも多数出演。

19年7月、熊川哲也が総合監修を務めたBunkamura30周年記念「オーチャードバレエガラ~JAPANESE DANCERS~」に出演。

21年に帰国し5月にKバレエ カンパニー『ドン・キホーテ』にゲストで主演。同年8月より入団予定。

 

様々なファッション雑誌やWEBでも紹介され、CHANELとID Londonのコラボ企画での“香りの世界観”をダンスで表現した16年の「シャネル N°5 ロー」グローバルプロジェクトに始まり、年のウォッチコレクション「コード ココ」のアンバサダー、「ルージュ アリュール」「ヴィタルミエール グロウ」 のデジタルキャンペーンにも起用される。 
19年にはシャネルビューティーアンバサダーに就任。

飯島望未.jpeg